| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「風景の中の自画像」/「私自身、肖像=風景」


ルソー初期の代表作「風景の中の自画像」。
1890年、ルソー46歳の時に描かれました。原題は「私自身、肖像=風景」。

≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| 作品・解説 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『眠るジプシー女』 猛々しいライオンが、疲れて眠り込んでいる女に…


1897年、ルソー53歳のとき、
「アンデパンダン展」(無審査で出品される美術展覧会)に出品された作品。
副題は「猛々しいライオンが、疲れて眠り込んでいる女に襲いかかるのをためらっている」。
ルソーの中でも最も有名な作品の一つです。

≫ 続きを読む

| 作品・解説 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『カーニヴァルの夕べ』


1886年、パリのカルーセル広場にある郵便局の臨時事務所で、
開かれた第2回「アンデパンダン展」に出品された作品。
ルソー最初期の作品の一つです。

≫ 続きを読む

| 作品・解説 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『戦争』 それは到る所に恐怖と絶望を残し・・・


ルソーの代表作の一つ。1894年のアンデパンダン展に出品された。
副題は、「(戦争)それは、恐怖を巻き起こしながら荒れ狂い、
至るところに絶望と涙と破壊の跡を残して去る」。

≫ 続きを読む

| 作品・解説 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『蛇使いの女』


1907年に描かれた傑作『蛇使いの女』。
ジャングルの中、満月の光によって照らされ、こちらを怪しく見つめている蛇使いの女。
また、同じくシルエットだけの蛇に、ペリカンやフクロウのような鳥。

≫ 続きを読む

| 作品・解説 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。