PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

素朴派について

素朴派(ナイーヴ・アート)という言葉についてご説明します。

ルソーは素朴派という絵画の一傾向(流派)に属されます。
一般的には、画家を専業としない人間が、正規の美術教育を受けずに
絵画を制作している(素人画家)ケースを指します。
つまり、その者は画家とは別に他の職業に就いているという事。


ルソーも税関職員をやっていましたね。
近年では、グランマ・モーゼスが有名です。
彼女は農業をやってました。

彼らは独学であるゆえに、素朴で、
絵画理論の枠組みから自由な独創性を持っています。

絵画の特徴としては、モデルを写実的に描く
具象的な絵画…つまり現実的な絵が多い。
(ルソーはシュールな絵や前衛的な絵を描いたが)

他に、カミーユ・ボンボワ、アンドレ・ボーシャン
ルイ・ヴィヴァンなどが有名です。

何点かご紹介します。
見ていくと、私は個人的にモーゼス、アンドレとかも好きですね。
これだけでも紹介したい。
ボンボア「三人の盗人たち」 アンドレ モーゼス ルイ
関連記事

| その他 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://henrirousseau.blog.fc2.com/tb.php/58-9de73a9b

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。